動画と対面のハイブリット研修がカギ!
「Well-being」を高める「人材定着」につながる理由

  1. HOME
  2. セミナー/イベント支援
  3. 動画と対面のハイブリット研修がカギ!
    「Well-being」を高める「人材定着」につながる理由
公開日:2024/05/15 更新日:2024/06/05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
動画と対面のハイブリット研修がカギ!<br>「Well-being」を高める「人材定着」につながる理由

現代の多くの企業は、人材獲得および定着における課題に直面しています。従業員に選ばれる会社となるためには、従業員のWell-beingを向上することが重要です。
そして、企業としての競争力を高めるためには教育効果を高め、ひとりひとりが活躍できるように取り組んでいくこともまた必要です。人材定着の課題に対して、教育研修の方法を革新することが求められています。

特に動画教材の利用は教育の質を保ちつつ、広範な従業員にアクセスを提供しますが、対面研修との組み合わせによるハイブリッドアプローチが、さらに効果的な学習体験を創出します。

そこで今回は、動画教材と対面研修を組み合わせることにより、誰もが生き生きと活躍できるWell-beingにつながる教育をどう実現するのか、本記事で解説していきます。

◆目次

  1. Well-beingの重要性と人材定着
  2. 画像動画教材のメリット
  3. 対面研修の重要性
  4. ハイブリッド研修の実施
  5. 教育研修の質の平均化と、アクセシビリティ(利用のしやすさ)
  6. 研修効果を高めるためには教材制作や準備における負担を解消する必要がある
  7. まとめ
 

1.Well-beingの重要性と人材定着

Well-beingの定義は、単に健康であることを超え、個人の全体的な幸福感と充実感を指します。心身の健康、精神的・感情的満足、社会的なつながり、経済的安定など、生活の多方面にわたる満足度を含む概念です。
従業員のWell-beingの向上は、仕事の満足度、生産性、健康を向上させることが科学的に証明されています。心身の健康が保たれた従業員は、職場でのストレスに強く、企業に対する忠誠心も高まります。
これが人材定着へと直結し、長期的に企業の成長を支える要素となるため、Well-beingを高める取り組みを実践する企業が増えています。

企業が従業員のWell-beingを向上させる方法はいくつもありますが、特に教育研修の観点でWell-beingを高めるために、動画研修と対面研修を効果的に組み合わせたハイブリッドアプローチが効果的です。 

2.動画教材のメリット

動画は情報を一貫して高品質に提供し、時間や場所に縛られずにアクセス可能なため、学習の機会均等を実現します。
介護や子育て、身体が不自由であるなど、多様なバックグラウンドを持つ従業員でも、自らのペースで学ぶことができるため、教育のハードルを大きく下げることができます。
字幕を表示させることで聴覚な方、外国籍の従業員の方にも障壁なくコンテンツを届けられることも利点といえるでしょう。
また、同一内容を繰り返し利用することができるため、教育担当者の負担を軽減すると同時に、教える側の品質を一定にすることができます。

一方で、作り方、使い方によっては一方的な発信ともなりかねないことが、動画教材のデメリットでもあります。

3.対面研修の重要性

対面研修は、直接的なコミュニケーションと即時のフィードバックを提供することで、深い人間関係を築くことができます。
また、直接指導することができるため、より複雑なスキルや行動の修正を効果的に行うことも可能です。
動画教材ではカバーしにくい対話や討論を通じて、従業員の理解を深め、実践的なスキルの習得を助ける効果があります。

その一方、対面研修のみで教育を行う場合、教育研修担当者の負担が増えること、回数が制限されること、質にばらつきが生まれることがあります。

4.ハイブリッド研修の実施

そのため、動画教材と対面研修を組み合わせたハイブリッド研修は、動画教材による学習を基盤とし、対面研修で得た知識を実践的に深める機会を作り出します。
このアプローチにより、従業員は個々の学習スタイルに合わせて情報を吸収しつつ、集団内での相互作用を通じてさらにその知識を強化できます。
リモートワークが浸透し、日常的にオンラインツールを通じて業務を行い、顔を合わせることが少ないバーチャルチームが増えている中では、チームの人間的なつながりが希薄になることも。

そうした中で対面研修による交流やつながりはWell-beingを高め、チーム全体の士気と連帯感を促進する効果があるので、ハイブリット研修がおすすめです。

5.教育研修の質の平均化と、アクセシビリティ(利用のしやすさ)

ハイブリッドで教育研修を行うことは、教育の質の平均化を保ちながら、従業員にとってのアクセシビリティを向上させる理想的なソリューションです。

動画で学んだ内容を対面セッションで復習し、疑問点をクリアにすることが可能となり、全従業員が等しく高品質な研修を受ける機会を持てるようになります。

6.研修効果を高めるためには
  教材制作や準備における負担を解消する必要がある

Well-beingと教育研修効果を高めるには、ハイブリッド研修が有効なアプローチと解説してきましたが、準備や運営、事後の付随業務には研修担当者にとって負担となる業務も多く、負担がもとで狙った効果を実現できないということもあり得ると思います。
動画であればどのような教材を作成することが受講者の自発的な学びを促すのか、研修効果を高めるのか、また作成するための負担を誰が担うのかということが課題にもなるのはないでしょうか。
対面研修では効果的なテキストの作成や、事前、当日、事後の準備や付随業務における負担も見過ごせない部分です。

教育研修効果を高めるためには、こうしたコンテンツ制作や付随業務を教育研修専門のBPOサービス を行っている会社に依頼することも選択肢です。

日々の業務がある中で、全て自分達で行おうとするとどうしても後回しになったり、継続が難しくなります。
また、退職や休職などに人材不足によるリスクもありますので、外注することは有効な手段と言えます。
プリントボーイでは、資料作成やセミナー研修のコンテンツ制作から運営フォローまでサポートするBPOサービスを行っていますので、お気軽にご相談ください。


      \教育研修効果を最大化するBPO(業務アウトソーシング)サービス「meet!」はこちら/

 

7.まとめ

企業の教育研修において、動画と対面研修のハイブリッドアプローチによって、より包括的で効果的な学習体験を提供することできます。この組み合わせにより、教育の質の保証とアクセシビリティの向上、そして従業員のWell-beingの促進が実現し、結果として人材の定着を促進します。このアプローチは、従業員一人ひとりの成長と企業の持続的な成功に貢献することでしょう。

プリントボーイは、教育研修のBPOサービス「meet!」をご提供し今まで数多くのお客さまの教育研修をコンテンツ制作面でサポートしてきました。

教育研修に関するご相談、Well-beingに関するご相談はプリントボーイまでお気軽にご相談ください。

メルマガ_問い合わせ_ボタン.png

こちらもあわせてお読みください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CONTACT

お問い合わせ

当サイトについて気になることがありましたら
お気軽にお問合せください。

資料ダウンロード

オンラインセミナー・研修・イベントやアウトソーシングなど、
お役立ち情報が詰まったホワイトペーパーを配布しています!