会社と社員のモチベーションアップを図る「社内報」|温故知新

会社と社員のモチベーションアップを図る「社内報」|温故知新

 


温故知新

 ~74才現役デザイナーのつぶやき~


 皆様の会社に、社員を繋ぐ独自のコミュニケーションツールはありますか?

一般には以下のようなものがあるかと思われますが、該当するものはありますか?


  • 読む、見る、聞くなどのメディアによるもの
    (企業理念集、方針書、社内報、Web社内報、通達、掲示など)

  • リアルなコミュニケーションの場によるもの
    (職場の集合、会議、懇談会、親睦会など)

  • イベント、行事によるもの

  • 小集団活動、プロジェクト活動、改善提案によるもの

  • 人事制度、教育研修、従業員意識調査

これらを用いる背景には、その会社の社員に対する思いがあり、その思いは「伝える内容」。

今風に言えば「コンテンツ」と言えるのだと思います。その思いをどうやって社員に効果的に伝えるか、つまりはツールの使い分けが重要となってきます。そのためにはそれぞれのコミュニケーションツールの特性を把握して、ツールを選択していくことが大切です。

  

コミュニケーションツールとして社内報の重要性

 社内コミュニケーション

私は古い人間ですので、様々な社内コミュニケーションツールの中でも特に「社内報」が重要なツールであると考えています。その考えの元となるのは「社内報は会社の中枢神経である」とおっしゃった、リクルート創業者の江副浩正氏の言葉です。

私はこの言葉に会社の人の体に見立てて、体内に縦横無尽に張り巡らされた神経を社内のコミュニケーションルートだとすれば、その中で最も大事な中枢神経の役割が社内報なのだと感じました。

 

デザイナーとして社内報の制作で意識していること

随分と大げさな解釈に聞こえるかもしれませんが、私が社内報を刊行する際は、いつも「社内報は会社の中枢神経である」の言葉を思い出し、下記のような仕掛けを意識して制作しています。

  • 経営の方針を社員に直接伝える
    目標の共有

  • 経営に関する情報をタイムリーに伝える
    情報の公開・共有

  • 社員に刺激を与える、考えさせる、学ばせる
    教育の場

  • 企業文化、企業風土を育て、継承する
    風通しのよい、活力ある風土づくり


このような仕掛けを組む理由としては、やはり社内報が会社や社員のモチベーションアップのためのツールとして、有効な社内コミュニケーションのツールとなり得る役割を持っているからであり、そのための「読まれる社内報」にするための工夫が必要だからです。

マーケティングの視点で言えば、読者である社員が、仕事のうえで「何に悩み」「どんな不安を抱えているのか」「どんな気持ちで仕事をしているのか」あるいは「どんな情報を知りたがっているのか」逆に「どのようなことを知らせたがっているのか」等。当たり前のことではありますが、社員の気持ちを把握することも重要です。

 

社員に対する思いのこもったコンテンツづくり

社内報を作る女性

これらを踏まえ、社内報において一般的に重点が置かれている企画・コンテンツはどのようなものがあるのかを以下に記載してみます。


  1. トップメッセージ、経営方針

  2. 会社のニュース、イベントの紹介

  3. 社内コミュニケーション

  4. 部署、職場紹介

  5. 人物紹介

  6. CSR・社会貢献・環境・地域とのつながり

  7. 新技術、新商品の紹介

  8. 組織の活性化、チームワーク

  9. 企業文化、社風

  10. プロジェクト紹介

  11. 社員の意識改革

  12. コンプライアンス、法務関係 他

ぱっと見でのワクワク感は薄いですが、その会社の社員からすれば「知りたい情報」が溢れていると思います。

それはひとえに以下のような『社員に対する思い』がコンテンツに込められているからなのだと思います。

  • 経営方針の伝達・浸透・共有

  • 事業部門、グループ内会社の情報共有、ナレッジ共有

  • 組織の求心力・一体感・つながりを醸成するための情報交換

  • 社内の課題解決のきっかけづくり

  • 現場の実態や社員の気持ちを経営陣に伝える

  • 社内のヒーローの発掘

  • 社員のモチベーションアップ、スキルアップ

  • 顧客、社会、関連会社など、外部からの情報のフィードバック

 

まとめ

たかが社内報、なかなか外には出ない内輪のツール。担当者様にとっては大変に悩ましいものです、通常業務の片手間に作業されるのであれば、時に手を抜きたいこともあるでしょう。それでも、ここまで述べてきた「社員にもたらす可能性のある効果」を考え、会社の目となり声となって代弁する。これは非常に重要なポジションです。

例えるなら1,000人に「一瞬見られる広告」を作るデザイナーより、数十人に「じっくり読まれる社内報」を作る方が「読み手に与える影響」は強く、またやり甲斐という視点で比較しても、個人的には後者の方が勝っているように感じます。社内報は熱意と信念を持って取り組める仕事です、ご担当者様、お互いに頑張ってゆきましょう。

最後に、弊社プリントボーイも<以心伝心>というネーミングの社内報を1980年10月1日の創刊号から、約40年間に渡り通算500号以上を発行していますので、ご紹介させていただきます。

※一部に社外秘がありますので、ぼかし加工させていただきました。

1980~1990年のモノクロ印刷Ver.

プリントボーイの社内報

1995年~カラー印刷Ver.

プリントボーイの社内報

2020年~電子化 PDFVer.

プリントボーイの社内報プリントボーイの社内報

メルマガ_問い合わせ_ボタン.png

 ▼こちらもあわせてお読みください

関連記事